Search
  • Popular tags

  • 輝けうちの子
  • VRoid
  • オリジナル
  • ワンピース
  • 制服
  • ツインテール
  • 男性
  • VTuber
  • 白髪
  • ポニーテール
エメラルド・ラピタ
魔法やスキルのある世界 そこに平凡にくらす兎人たちがいた。 ある時、魔族と人間で戦争が勃発する。 戦禍は平和なウサギたちへも襲いかかる。 魔族にも人間側にも属さない兎人たちは、魔族側につかまれば食料にされ、人間側につかまれば戦奴隷とされ、侵略されていく。 そんな中、ある兎人たちは逃げ込んだ洞窟で不思議な宝石を見つける。その宝石に触れた兎人は尻尾を無くすかわりに強大なスキルと力を得た。 これが『宝石うさぎ』の誕生である。 宝石のうさぎたちは、仲間を守るべく、強大な力で魔族を撃退。人間たちから奴隷にされた兎人を救い出し、仲間を守ることに成功した。                ・                ・                ・ やがて戦争は終わる。宝石うさぎが魔族の戦力を大幅に削ったおかげで人間側がわずかな差で勝利をおさめた。 人間たちは宝石うさぎを勝利の兎と称賛する。……が、それと同時にその存在に恐怖した。 宝石のうさぎたちは、人間たちに第三の勢力と恐れられ、力の強い宝石うさぎは卑劣な罠にはまり封印されてしまうのだった。                ・                ・                ・ ──月日は流れる──  封印の弱くなった一匹の宝石うさぎ「ペリドット・メサ」はその隙を逃さず溜めていた力を使い『深淵の扉』を開き、異世界から力ある者を呼び寄せる。  封印された自分と仲間の封印を解くために…… 只今、VRChatへアバターアップロード中。 コンバート出来次第 アバターペデスタルにて順次配信中だ(σ・ω・)σYO♪ 【VRChat】Rabbit World vrch.at/pow-japanruby-5ae37 PC Rank poor Quest Rank medium
異世界の宝石うさちゃん
/ エメラルド・ラピタ
魔法やスキルのある世界 そこに平凡にくらす兎人たちがいた。 ある時、魔族と人間で戦争が勃発する。 戦禍は平和なウサギたちへも襲いかかる。 魔族にも人間側にも属さない兎人たちは、魔族側につかまれば食料にされ、人間側につかまれば戦奴隷とされ、侵略されていく。 そんな中、ある兎人たちは逃げ込んだ洞窟で不思議な宝石を見つける。その宝石に触れた兎人は尻尾を無くすかわりに強大なスキルと力を得た。 これが『宝石うさぎ』の誕生である。 宝石のうさぎたちは、仲間を守るべく、強大な力で魔族を撃退。人間たちから奴隷にされた兎人を救い出し、仲間を守ることに成功した。                ・                ・                ・ やがて戦争は終わる。宝石うさぎが魔族の戦力を大幅に削ったおかげで人間側がわずかな差で勝利をおさめた。 人間たちは宝石うさぎを勝利の兎と称賛する。……が、それと同時にその存在に恐怖した。 宝石のうさぎたちは、人間たちに第三の勢力と恐れられ、力の強い宝石うさぎは卑劣な罠にはまり封印されてしまうのだった。                ・                ・                ・ ──月日は流れる──  封印の弱くなった一匹の宝石うさぎ「ペリドット・メサ」はその隙を逃さず溜めていた力を使い『深淵の扉』を開き、異世界から力ある者を呼び寄せる。  封印された自分と仲間の封印を解くために…… 只今、VRChatへアバターアップロード中。 コンバート出来次第 アバターペデスタルにて順次配信中だ(σ・ω・)σYO♪ 【VRChat】Rabbit World vrch.at/pow-japanruby-5ae37 PC Rank poor Quest Rank medium
マイキー
28
209
13

Description

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいている。 我々はまだ深淵の入り口に立ったばかりだ。 更なる力を得るため、深淵の果てにたどり着かなければならない。

Media

Comments
Reactions
by Nobu
Can you use this model?
YES
Format: VRM 0.0
Conditions of use: Avatar use: YES/Violence: YES/Sexual acts: NO/Corporate use: NO/Individual commercial use: NO/Alterations: NO/Redistribution: NO/Attribution: Unnecessary