キャラクターを登録
pixiv IDでログイン
3Dキャラクターのためのプラットフォーム
pixiv IDでログイン
ヘルプ
VRoid Studio
見つける

    ガイドライン

    ピクシブ株式会社(以下「当社」といいます。)は、VRoid Hub(以下「本サービス」といいます。)の社会的責任を認識し、健全、かつ円滑なサービス運営を行うために当社で設定させていただくガイドラインを遵守します。

    1 規定

    当社は、本サービスの運営・運用について、以下のとおりガイドラインを定めます。なお、このガイドラインは特に倫理団体等に則したものではなく、当社が独自に設定したものですので、社会・環境の変化によって当社の判断で任意に変更されます。継続的にこれを保証するものではありませんのであらかじめご了承ください。

    2 年齢制限の追加・作品の削除に関して

    画像・タイトル・説明を含めて作品として判断し、年齢制限の追加・削除対象画像を本サービスの運営チームがチェックいたします。対象作品を発見した場合、年齢制限の追加や作品を削除し、下記の禁止行為を含む悪質な行為に対しては、会員IDの削除を行うことがあります。その理由について、お問い合わせいただいてもお応えできませんのでご了承ください。

    3 禁止行為

    1. 登録禁止作品を大量・連続登録する行為
    2. 中傷・脅迫・経済的もしくは精神的に損害や不利益を与えるタグ・コメント行為
    3. 本サービスや他サイトから会員IDや画像IDを掲載し中傷する行為
    4. クローラーなどのプログラムを使って作品を収集する行為
    5. サーバに極端な負荷をかける行為
    6. 3Dモデル制作者が定めた許諾の範囲及び利用条件の範囲に違反する行為

    4 年齢制限作品

    本サービスでは15歳未満および18歳未満の方の閲覧が不適切である作品に関して、年齢制限のチェックを必須とさせていただきます。 以下に該当する作品は登録時に適切な年齢制限の設定を必ず行ってください。

    1. [ R-18 ]:18歳未満の方に対し、不適切な表現が含まれる作品

      • 性器の結・接合、あるいは直接的・間接的にかかわらず性行為を想起させる表現

        • 性行為や自慰行為の描写
        • 裸体、局部の露出
        • 衣服を着用しているが局部の強調等の表現により卑猥性が強いもの
        • R-15の基準に加え、表情・擬音・発汗その他の表現により性的興奮状態を推察させるもの
        • 排泄行為・排泄物の描写
      • 過度な暴力表現、思想・模倣的表現ではあるが危険性が高い、または刺激性の強いもの

        • 損傷した人体、脳や内臓の露出
        • 自殺行為・殺人行為・性犯罪など、反社会的表現
    2. [ R-15 ]:15歳未満の方に対し、不適切な表現が含まれる作品

      • 性に関連したもの、卑猥性のある表現

        • 下着の露出(透けている衣服やストッキング・タイツ等越しの場合も含む)
        • 過度に露出度の高い服装
        • 衣服を着用しているが胸部・臀部の強調等の表現により卑猥性が強いもの
        • コンドーム、性玩具、拘束具など性的な連想を伴う道具
      • 暴力的なシーンや恐怖感を与える描写

        • 流血を伴う格闘
        • 身体の拘束

    5 登録禁止作品

    以下に該当する画像及び当該画像に関連する3Dモデルデータは削除対象とします。

    1. 中傷・脅迫・経済的もしくは精神的に損害や不利益を与えるもの
    2. 性器の表現、露出しているもの
    3. 性に関連して接合部等を異物にて表現、露出しているもの
    4. 性表現をいたずらに歪んだ状態で表現しているもの
    5. 刺激が非常に強く嫌悪感が強い暴力シーンを表現しているもの
    6. いたずらに過度な思想を押し付けるもの
    7. 反社会的行為を賛美し、これを過度に助長しているもの
    8. 人種、信条、職業、性別、宗教などを不当に差別して表現しているもの
    9. カルト的宗教活動、過度な政治活動を表現しているもの
    10. 過度な残虐シーン、刺激性をいたずらに誇張し、またはそれが模倣に結びつくと予想されるもの
    11. 明らかに幼児を対象とした性的表現がされているもの ※隠蔽処理(モザイク等)が施されている場合は、社会通念上許される範囲でこの限りではありません
    12. 人型アバターとして機能しないもの

    6 隠蔽処理(モザイク処理)について

    1. 基本的に隠蔽処理は画像の技術的性質ではなく、視覚的判断により細部が不明瞭になっていることを前提とする
    2. 同一次元上で処理を施し、技術的に元の表現に戻せない状態のものとする
    3. 範囲は輪郭線を含んだ状態とする
    4. 処理が施されていても透過により細部が明瞭になっているものは隠蔽に含まれないモザイクは以下を参考に不明瞭化する

      • 最小4ピクセル平方モザイクかつ画像全体の長辺が400ピクセル以上の場合、必要部位に画像全体長辺×1/100程度を算出したピクセル平方モザイクとする
    5. べた塗りにおいては隠蔽処理が必要な部分にすべて行うことが前提であるが、一部の処理により結果として不明瞭になる場合はこの限りではない
    6. 白液、その他隠蔽を絵柄により表現する場合、隠蔽処理が必要な部分にすべて行うことが前提であるが、一部の処理により結果として不明瞭になる場合はこの限りではない

    7 隠蔽処理(モザイク処理)必要箇所の例

    1. 性器または性器を連想する部位
    2. 性器結合部位及び挿入部位
    3. アヌス結合部位及び挿入部位
    4. 切断、裂傷等においていたずらに詳細かつ過度に表現されている部位