ある日森の中くまさんたちに出会った 男は狩人であった。いや、ただ命を屠ることを好んでいただけであったか。それを名乗るにはあまりにも他の命を無駄にしていた。 ある山では囲うように火を放ち逃げ場のない動物を屠り。 ある川では毒を流し、魚を息絶えさせ、そして海を犯していた。 この森でもいのちを探していたその矢先、多種多様なくまがそこにいた。 開かれていたのはクマの会合。茶、黒、灰、白、白黒。くまもよく見れば違うものだ。そう感じた。 「しかし、獲物が大きい… そうだ…」  --------------------------------------- 刹那、くまたちは男の持つ爆弾に命を奪われた… 四肢は千切れ、体は吹き飛び、おびただしい血の池と肉がそこにできた。 そこへ通りかかった倫理観が欠如した心優しきマッドサイエンティストはくまたちの亡骸を見つけ直してやることにした。 しかしくまだった肉塊は元の形を留めている部分は少なく使える部分を集め一つにまとめることにした。 「さぁ!新しいお前のカラダだ...!」 目覚めたくまは己の身体に絶望した。親兄弟の四肢、友人の頭、様々なイキモノであったものから寄せ集めて作られたこの肉体… くまは今日も彷徨い続ける。 狂った科学者を葬るその日まで…
きんとと/翠の部屋
6
105
0
You can now check the
no. of polygons, materials, etc.

Share this model

TwitterFacebookCopy URL
Report to the VRoid Team

Description

なにも なにもない
Comments

Reactions

by Yebok
by Pro
Can you use this model?
If this is set to "YES", others can use this model according to the conditions of use set by its creator. Model data (VRM format) can be provided to other users, who can use it for various VR/AR platforms and other types of 3D content linked with VRoid Hub.
NO
This model's data cannot be downloaded or used for any purpose, and is available only for viewing on VRoid Hub.