シャーロット (Charlotte)
/ コテージキーパー (Cottage keeper)
魅力的な小さなコテージが、魔法の森の端に近い場所に立って、シャーロットの住処となっていました。その森の境界は不思議な場所で、珍しいチューリップとさまざまなエキゾチックな花々が、森の魔法の影響によって繁茂していました。シャーロットは、この魅力的な境界内とその周囲でしか見られないユニークな花々を研究する情熱を抱いていました。しかし、彼女の好奇心にもかかわらず、森の境界を越える勇気を出すことはありませんでした。囁きや噂によれば、その森の奥深くに足を踏み入れた者たちは戻ってこなかったと言われ、魔法の森の魅力的な物語には神秘と警戒の雰囲気が漂っていました。
kru8ty
643
7671
0

Share this model

TwitterFacebookCopy URL
Report to the VRoid Team

Description

魅力的な小さなコテージが、魔法の森の端に近い場所に立って、シャーロットの住処となっていました。その森の境界は不思議な場所で、珍しいチューリップとさまざまなエキゾチックな花々が、森の魔法の影響によって繁茂していました。シャーロットは、この魅力的な境界内とその周囲でしか見られないユニークな花々を研究する情熱を抱いていました。しかし、彼女の好奇心にもかかわらず、森の境界を越える勇気を出すことはありませんでした。囁きや噂によれば、その森の奥深くに足を踏み入れた者たちは戻ってこなかったと言われ、魔法の森の魅力的な物語には神秘と警戒の雰囲気が漂っていました。 A charming little cottage stood near the edge of an enchanted forest serving as Charlotte's home. The forest's border was a wondrous place, where rare tulips and various exotic flowers flourished under the forest's magical influence. Charlotte had a passion for studying the unique flowers that can only be found in and around these fascinating confines. But despite her curiosity, she never worked up the courage to cross the forest border. According to whispers and rumors, those who ventured deep into the forest never returned, and the enchanting tales of the enchanted forest were imbued with an air of mystery and caution.

BOOTH items on this model

Comments

Reactions

by 優羽
by Foam
Can you use this model?
If this is set to "YES", others can use this model according to the conditions of use set by its creator. Model data (VRM format) can be provided to other users, who can use it for various VR/AR platforms and other types of 3D content linked with VRoid Hub.
NO
This model's data cannot be downloaded or used for any purpose, and is available only for viewing on VRoid Hub.
Recommended characters